スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)

 「グラッときたら火の始末」は勧められない--。文部科学省の作業部会は25日、大地震発生時に身を守るための行動を盛り込んだ報告書案をまとめた。阪神大震災などの巨大地震やその再現実験で得た分析、緊急地震速報開始を踏まえ、これまで推奨されていた行動の妥当性を国として初めて見直した。【石塚孝志、八田浩輔】

 報告書は31日に上部委員会を経て、都道府県教委などに配布される。

 震度5程度で半数の人が行動困難を訴え、震度6弱以上ではほとんど動くことができないとされる。作業部会は行動と被害の関係について解析した約80件の文献を検証。

 火の始末では、これまで火災が多発した関東大震災での教訓から、すばやく火を消すよう推奨されてきた。しかし、消火を優先して避難が遅れたり、とっさにコンロの火を消そうとしてやけどを負う人が多いことが分かった。また、都市ガスの自動遮断装置も普及し、作業部会は「火を消すのは揺れが収まった直後」と結論づけた。ただし、目前にコンロやストーブがあり、消火可能の場合は、小さい揺れの段階で火の始末をするとした。

 「丈夫な家具に身を寄せる」とされていた点については、阪神大震災の犠牲者の約1割が転倒した家具の下敷きだったと指摘し、揺れが非常に大きい場合、姿勢を低くして頭を守り、丈夫そうな家具でも無理して近づかないよう提言した。

 「慌てて外に飛び出さない」の是非では建物の耐震性で対応が分かれる。81年にできた新耐震基準に適合した建物では倒壊する危険より外に飛び出す危険性の方が大きいとした。しかし、それ以前の耐震基準で建設された建物の場合、倒壊して圧死する場合があり、飛び出して助かった例があるという。

【関連ニュース】
発信箱:ウエットティッシュ=滝野隆浩(社会部)
地震退避行動:「火の始末」も見直し 文科省作業部会
沈没トルコ艦:救助から120年 和歌山・串本で追悼式
貞観地震:震源域「宮城県沖」より広く…9世紀
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ

10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
彦根で人気 不思議なゲーム「カロム」をPR(産経新聞)
辺野古周辺「正しい決断」…米国務長官(読売新聞)
混雑に一苦労…メーンバンクの窓口、どの程度行く?(産経新聞)
スポンサーサイト

参院選比例代表で安藤、西島両氏を推薦-日精協政治連盟(医療介護CBニュース)

 日本精神科病院協会(日精協)の政治団体である「日本精神科病院政治連盟」(鮫島健委員長)は5月20日、執行役員会を開き、今年夏の参院選比例代表に民主党からの立候補を表明している安藤高朗氏(医療法人永生会理事長)と、自民党現職の西島英利氏を共に推薦する方針を全会一致で決めた。一方、自民党からの出馬を表明している木村義雄前衆院議員(元厚生労働副大臣)と、みんなの党から出馬する清水鴻一朗前衆院議員は「支援」する。

 参院選比例代表では、日本医師連盟が11日、安藤氏の推薦を決定。また病院関連では、日本医療法人協会の政治団体「日本医療法人連盟」なども安藤氏推薦を既に打ち出しており、これで四病院団体協議会(四病協)の足並みがそろった。

 日本精神科病院政治連盟は、6年前の参院選比例代表では自民党から立候補した西島氏1人を推薦した。しかし、昨年秋の政権交代を受けて今回は、民主党からの出馬を表明している安藤氏もそろって推薦する方針に転換した。同連盟は今後、安藤氏の推薦をいち早く打ち出した医法連などに西島氏の推薦を要請する。

 鮫島委員長は執行役員会後の記者会見で、「安藤氏については、われわれが主体的に動くというよりは、選挙運動をバックアップする。それに比べて西島先生に関しては、少し積極的に運動することになるだろう」と説明した。
 また木村、清水両氏への「支援」については、「推薦に比べて多少の差は出てくるかもしれない」と述べた。


【関連記事】
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定
日医連の参院選対応、結論持ち越し
安藤氏、西島氏ら5人に推薦状交付―老健連盟
参院選へ向け「火の玉になって頑張りたい」―永生会・安藤氏
日医連、「政権与党である自民党」支持方針を撤回

母娘殺人監禁 初公判は7月26日 千葉地裁(産経新聞)
共済会貸付金450万、だまし取った疑い(産経新聞)
<日航撤退>路線存続へ支援策 愛知県が検討表明(毎日新聞)
<地ビール>人気再び 若い世代、ワインのように(毎日新聞)
<文科省>日本語指導の教員拡充へ 外国人児童の対応強化で(毎日新聞)

<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)

 環境省は9日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのうち、9日にもひなの誕生が期待されていたペアの巣にカラスが侵入したと発表した。中の卵をつついていたとみられ、直後に戻ったトキの雄が1個を外へ捨てたという。トキは通常3~4個の卵を産むが、同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平保護官は「他の卵は食べられた可能性もあり、このペアでの繁殖は厳しくなった」と話している。

 同省によると、同日午前5時50分ごろ、カラス2羽が飛来し、巣の中をくちばしでつついた。近くにトキの雄はいたがカラスを追い払うなどせずに飛び去り、カラスがいなくなった後の午前6時40分ごろ、巣に戻って卵を捨てた。その後、ペアは巣に戻らずバラバラに行動しているという。

 このペアは08年に放鳥された4歳の雄と、09年放鳥の1歳雌。4月12日以降、雌雄交代で卵を温める「抱卵」が観察されており、産卵した可能性が高いとみられていたが、今月2日以降、雌が巣を長時間離れるなどしており、ふ化が懸念されていた。市内にはふ化が期待できるペアがまだ2組いる。【畠山哲郎、磯野保】

【関連ニュース】
トキ:2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡
放鳥トキ:3個目も巣外へ 別のペア、卵ふ化の可能性
トキ襲撃死:電気柵などの設置を…検証委が報告書案
放鳥トキ:また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性
トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園

死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
<京浜東北線>人身事故で遅れ 田端駅(毎日新聞)
生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表(産経新聞)
連立離脱も選択肢=普天間の県内移設けん制-社民の照屋国対委員長(時事通信)
<豊川一家殺傷>長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。